ろうそく なんだかもったいなくてなかなか火をつけれないんよー。

という声をたびたびいただきます。
それはすごくありがたくて嬉しいお声◯
なのですが、
でも、ぜひぜひ使ってほしい。
ろうそくはあかりを灯すと表情が変わって、あたたかくやさしくなります。
誰かの時折のほっとあたたかいひとときのおともになりたいなーと思っています。
だからどんどん使ってほしいな。
というのが本当の気持ち。

そうかそうか!
それなら使い終わったろうそくを楽しんでもらえる方法を考えたらいいんだな◯

というわけで、今回の新作ろうそくの使い終わった後のお楽しみかたと、
うまく使えるコツのお話し。


まずですね。
灯しながらうまくまあるい穴を作っていきます。
灯しながら時々くるくる回してみてくださいね。
火の高いところでろうは溶けていくのでここを溶かしたいなーというところを溶かしてくるくるまあるい穴にします。

しかし!
この間に火がちいさくなってしまったら時々たまったろうを少し捨ててみてくださいね。
溶けたろうがたまりすぎると芯が無くなってしまうことがあります。
逆に火が大きくなりすぎると、芯の先をすこーし切ってみてください。
芯の長さで炎の大きさが変わります◯


だけど!
とくに長い時間火を灯していると途中で穴が開いちゃうことがあります!
そこからろうが流れてしまったり。
あれあれーー。
だけど大丈夫◯
マスキングテープなどでばんそこします。
溶けたろうであいた穴をふさぐのです。
穴のところに溶けたロウをためてしばらく置いておく。

緑の丸の上がふさがった穴です。
きれいにとじたよー♪

もうそろそろ穴が開くかなーというところで火を止めて芯をきります。
そしてロウがあたたかいうちにスプーンか何かでまあるく穴を整えます。
最後にライターとかで穴の表面をあぶるとなめらかな穴になりますよ。

角をとりたかったらカッターとかで削ってもいいよ。
そしてまたライターで表面をなめらかにしたりすると仕上がりがすてきに。


じゃじゃーーん◯
出来上がりはこちら♪
ちいさなろうそくがちいさな花瓶に早変わり◯

ほかにも楽しみ方いろいろ◯
展示会で展示しますね♪

こうやって使い始めたら、
灯し終わって使うのがまた楽しみになってきた◯

コツやあれこれ、
展示会でなんでも聞いてくださいね◯
ああ楽しみ♪
あと少し楽しんで作って、
楽しんで灯すよ◯


ちくちく と あかり
とよとみ珈琲さんにて
22日からはじまりますよ◯