島からかえってから6年間、
書き溜めていたブログがHPのアカウントとかの都合でなくなってしまったので、
新しくこのブログを開設したのが4年前。

それまでのブログは、
島から帰ってからの日々のこと、
にこにこ市をはじめたころからのこと、
花水月の日々、
出店のこと、
それから震災と原発、
ひわさの家のこと、
赤裸々にこころのままに綴っていた。

なくなって、
ああなくなったんじゃな。
仕方ない。
うん。
そしてなんだかすっきりもした。
過去を溜めてもしかたないしな!と。

だけれど、
時々 アノコロノキモチ に触れたくなる時がある。
それは多分、
人生のぐるぐるの中の、
同じような出来事にぶつかるとき、
その、一段下の螺旋で、
同じような気持ちを乗り越えたんだよ。
そのときわたしはどう感じてたんだっけ。

そして!
なんと!
ここ4年も5年も放置していたmixiを、
友達のお知らせがあって開いてみた。
アカウント名も、
そのとき登録したメールアドレスが何かも、
もちろんパスワードも、
わからなかったのにいろいろ辿ると開けるもんなんだな。
すごいなー◯

とにかくそれで、
開いてみたら、
あったのよ!
そこに!
公のブログにものせてなかった赤裸々すぎるわたしのかいたもの。

島に移り住んでから、
ひわさの家を終わるまでのこと。
しごとの待ち時間とかにひろい読みしていたら、
なんだかほんとにこみ上げるものがあって、
ざわざわ、
そわそわ、
どきどき。

島での日々は、
ほんとうに命の再生の日々だったな。

mixiは多分そうはいっても開かないので、
読み返したい アノコロノキモチ を、
少しずつ、
少しだけ、
こちらにおひっこししようと思う。

日記というのは、
日々の覚え書きにすぎないけど、
過去のわたしからヒントをもらったり、
過去のわたしから勇気をもらったり、
読み返すと発見があるものがある。

あ、もちろん90%は読み返す価値ゼロのろくでもない日々日記だったりするけどね◯