先日、
もう先月のこと、
離れて暮らす祖母が亡くなりました。

横浜の素敵な家に住んでいた祖母が、
生まれた山口のお里に住処を移すと言いだしたのは昨年の夏頃、
その後あれよあれよと言う間に山口県の周防大島、わたしが小学生の頃までは毎夏通った親しみの深い島の、古いお家に引っ越した92歳の祖母。
年明けには母とともに所縁の地を回る旅行に行き、美味しいもんをたくさん食べ、たくさん歩き、おばあちゃんはほんまに元気だわー。と感心していたそのすぐ後、
祖母の癌がわかったのは2月の末、そして夏までもたないと言われました。

治療もしない、もちろん手術もしない、生まれたお家で最期の時を過ごすと決めた祖母、
それからというもの、娘たち従兄弟たち、祖母を慕う友人や友人の子どもや孫、もちろん親戚縁者、60名を超えるたくさんの人が瀬戸内海のちいさな島の祖母の元を訪れたそうです。



わたしも仕事のお休みに、北海道に住む姉と合わせて、ほんの短い時間、お見舞いとお別れの時間を過ごしてきました。

わたしは家族思いでもないし、血縁ということに重きも置いてなく、おばあちゃんっ子でもなければ、度々訪れることも、祖母孝行なんてしたこともなく…。


だけれど、そんな孫のわたしの訪問にも祖母はいつも通り暖かく、わたしの旅の話しを楽しんで聞いてくれて、とにかくともちゃんが楽しかったらいいのよと、それだけを伝えてくれた。


そし別れ際に、それは最期の別れ際で、
そしてそのことを、
これが最後のお別れだろうことを、わたしも、おばあちゃんも知っている。

そんな別れ際に、祖母はハグをしてくれました。
この頃はいつもお別れにはこうすることにしているのよと言いながら、

『ともちゃんの幸せを祈っていますからね。』

と、それだけ伝えてくれました。
帰り道、なんとも言えなく涙がとまらなかった。


子どもを産まなければわからないよーと言われる無条件の、無償の、あったかいでっかい愛、わたしには一生わからないと思っていた愛。
そういう愛があるんだなと初めて、感じた。
そんなあったかい、あったかいハグ。
そしてそれはやはり最期のお別れとなりました。
関わった沢山の人に、お別れの時間と言葉、
覚悟の時間をくれた祖母。



しあわせってなんだろう。
結婚してること?
こどもが、家族がいること?
好きな仕事をしてること?
お金に困らないこと?
健康であること?
自分のことを好きだと思えること?
無私無欲なこと?
悪を見て嫌悪せず、善を見て愛慕せず、平穏で安穏なこころ?
わたしのしあわせってなんだろう。


そうして、わたしは41歳になりました。
人生の時間が、
もちろんそれは誰にもわからないのだけれど、例えば80歳としたら、はんぶん。
はんぶん終わって、あとはんぶん。

だけどはんぶんの間に、
東京に住み、イギリスに住み、また東京に住み。
実家に帰ってみたと思いきや、
宮古島の、そのまたちいさな伊良部島に住んでみたり、
全国各地津々浦々、行商の旅に出たり、
あの震災があって、
そして100組近くの母子とひわさの家で暮らしたなあ。
あの3年はぐるぐるざわざわする3年だった。
久しぶりの仕事をはじめ、大型免許をとり、オンボロトラックに乗ってあっちこっち走り回っていると思いきや、
自宅でちいさい人たちを預かり子どもたちの育ちを楽しんで見守ったり。
その間にいろんな国を訪れて、
歩いてしゃべって、風と匂いと味を感じてきた。
テレビので観れるいろんな国の暮らしから想像はできる。
でもあの空気や風、味、気配、触れ合うことからしか得られないものもあるんだ。

そうやって仕事も暮らしも住む場所も、
沢山の沢山の経験をさせてもらって、
えっと?これは今世のことなのか?はたまた前世のことだったのか?と思うくらい。。
もうほんと、よくわからない。。笑
出会いも別れも、いったいどれだけの暮らしに触れて感じて関わって、人生はんぶん生きてきたのだろう。

それだけで本当にありがたいはんぶん◯


そしてわたしがはんぶんの間に得たものは、
自由なこころ。
40歳になって、
二種免許を取ってバスの運転手さんになりました。
そしてバスの運転手さん仲間に居場所をもらって、
今度はバイクの免許も取りました。


40歳にしてはじめた新しい仕事で、
また新しい出会いがあって、
今までひとり旅ばっかりしていたわたしが、職場の同僚と旅に出るということをしてみたり、
それはそれは楽しかった◯
そしてこれから先の予定もたくさん。


おじいちゃんおばあちゃんから繋いでもらったちいちゃいちいちゃい命は、
沢山の人に出会って、
沢山の人から学んで、
経験から感じて理解して、
ゆっくりゆっくりゆっくりだけれど、
はんぶん。
そしてこれから、
わくわくうきうきすることに素直に、
ますます自由にしあわせを受け入れていこうと思うよ。


ありがとう。
今まで出会ってくれたたくさんの人たちに。
わたしに考える時間と、悩みや葛藤を経験させてくれた人たちに。
そしてだけど、こんなわたしと付き合ってくれる人たちに。

ありがとう大好きラブ♡
グローバルな視野を得たつもりになりながら、
しかしthe ド・ローカルなバスの車内に一喜一憂している41歳のわたしをこれからもよろしく♡

IMG_7348