花水月*soap&candles


石けんとろうそく屋の
とるにたらない日々こと。


こんな気持ちのいい場所で、
ハンモックまで用意してくれていて、
でも寝たらダメですよって言われるん。
ここは天国か地獄か…泣

 
パンチャカルマは前処置・中処置(本処置)・後処置と3段階に分かれます。

前処置のメインがスネーハナと言われる油剤法。
7日間ギーと言われるバターから不純物を取り除いて精製したバターを20ml〜100mlくらいまで少しずつ増やしながら毎朝飲みます。
このギーはアーユルヴェーダではすごく大切にされてるもので、全てのドーシャの乱れを整えたり、滋養にもいいと言われています。
空腹の朝一番にギーを飲んで、身体を油で満たしてドーシャを和らげて、体に溜まった老廃物を動きやすくするのです。

[大量に取り込まれたギーは、血中にカイロミクロンという脂肪を運搬する物質を誘導し、脂溶性の毒素は脂肪組織と血液との間の大きな濃度勾配にしたがって………]
ふむふむなるほど……。


とにかくたくさんの純粋なオイルを内からも外からも入れ込んで溜まりに溜まったアーマと呼ばれる未消化物、マラスと呼ばれる不純物を弛めて浮かすのが前処置なのです。

というわけで朝からギーを飲む。
1日目の昨日はなんだか余裕。
前にも1週間飲んだし。
お腹空くまでごはんは食べたらダメなのですが、
お腹空いたらとろとろの野菜スープをくれます。


そしてお昼ごはん◯
質素めやけど普通に美味しい!
オクラと玉ねぎのポリヤルとスープにはなんとパイナップル!

そしてスネハナの間も午前と午後にマッサージ。

初日の午後のマッサージは前述したナスヤ(Nasya)と言われる経鼻法。
これはパンチャカルマの5つの方法のうちのひとつでカパの排泄に効果があります。
シロダーラとは別に脳のマッサージとも言われるらしく、このマッサージの後は頭洗ったらいけないと言われたよ。

軽いフェイスマッサージとフェイススチームで弛めてから、
両鼻の穴にオイルを垂らして、鼻から吸い込んで口から出す。という処置。
初めてだと鼻から吸うのも痛いしせこいーとなるのやけど、これ気持ちいいのです。
吸い込んだ後ホットタオルでオイルが回りやすくなるように軽くマッサージ。
終わった後はスッキリ鼻の通りも良くなるよ◯
これは市販もされてるし家でも簡単に出来るトリートメントのひとつ。
花粉症にもいいそうですよ。
頭もスッキリ!するかも。

そして昨日の夕食◯
カレー味の野菜のスープ
ココナッツ風味の米粉のパンケーキアッパムにケララ風のシチュー。
クリームシチューみたいやけどスパイスも入ってるココナッツ風味のシチュー◯
どっちも美味しかったー!
スネハナ中は食べ過ぎたらあかんのにシチューをすこーしお代わりした。
これがあかんかったのです!!


スネハナ1日目は無事終了。
やけど、ほんとに信じれないくらいの眠気でほんとにしんどかったー。
眠たいけど寝たらあかん。
つい数週間前も仕事のしすぎで眠たくても寝たら死ぬから寝たらあかん状態だったけど、
眠たいし、寝れる時間たっぷりやし寝れる環境整ってるのに寝たらあかんもまたしんどい…。
眠たくて眠たくて20時には寝ました。
たっぷり6時まで!



そして今朝もギー。
昨日と同じちょっぴりのギー。

なのに!
これがきいたー!!
朝から気持ち悪くて、
お腹が張って、
身体が重だるーくて、
しんどい。。


そんな中引っ越ししましたー!
新しい部屋はこの施設で一番安い部屋◯
いえいえ上等ーー!
部屋出たらすぐ庭ではなくなったけど、
コテージより明るいし広いしこっちの方が嬉しいー♪


んやけど、気持ちの悪さは午前のナスヤトリートメントを終えても続き、
お腹空くまでごはん食べたらいかんのやけど12時前くらいが気持ち悪いのピーク。。
気持ちもしんどいのピーク。
しんどいけど寝たらあかんし、
とりあえず座ってじっとするのみ。。


14時前にはすこし落ち着いてきたんやけど食欲はあるとは言えない。。
きっとこれは食べん方がええやつ。。
。。。。。


けどもちろん食べました。
食の研究のために!!
食べたいと 思う気持ちを 食欲という!
なんの野菜かわからんかったけどこれすごく美味しかった!
全然あっさりちゃうし普通にスパイスたっぷりやし。と思いながらも美味しくて満足◯
満足したらお腹も気分も治った♡
やっぱり美味しいもん食べんとね。

けど、今日こそ夜は少なめにしようや。
うん。絶対!


この後は今日もボディキリマッサージ。
でオイル漬けにされるけどこれまた贅沢過ぎるマッサージ。
夕飯も楽しみだー♪


  アーユルヴェーダはインドに伝わる伝統医療で、起源は古く、中国に伝わる漢方などの東洋医学もアーユルヴェーダからの起源だと言われています。

西洋医学と大きく異なるのは、
西洋医学が病気を扱う医学だとしたら、
アーユルヴェーダは健康を扱う医学だということ。
例えば何かの機械が壊れた時に、
西洋医学ならまず先に壊れた部分を取り外して修理するのに対して、
機械の全体をみて再び動き出すように機械の動く道を整えていくのがアーユルヴェーダです。

だからアーユルヴェーダは病気の人だけを扱うのではなく、
健康な人、健康だと思っている人、なんとなく調子が悪いけれどどこが悪いと指摘されたわけではない人、もちろん病気の人も、
全ての人がさらなる健康を求めて診療を受けることが出来るのです。

そして健康と一言で言っても、
西洋医学でいうとこのどこも悪いところがなければ健康というのではない気がする。

こころとからだとそして食べ物や環境や外側のものとも全てのバランスが整って、穏やかに生きやすく過ごしていることこそアーユルヴェーダでいう健康なのだと、
そんな風にわたしは思っています。


*南インドでよく飲まれている白湯。ピンクなのはなんかの植物の色。ここのは生姜やカルダモンの香りがほんのすこーし。


わたしが初めてインドでアーユルヴェーダの診断を受けたのは5年前のインドの北部ダラムサラでのこと。
ダライ・ラマのいる場所に行きたくて行っただけなのだけど、泊まった宿にいた日本人の年配の女性に勧められて、面白そうだし時間もあるしとなんの知識もなく受けたのが初めてのパンチャカルマ。

そこで、インド人の女医さんに初めての脈診での診断を受けた時の驚き!
初めての会った言葉も通じないわたしのことも知らないインド人の女医さんが、
脈診と目や舌、爪の状態、身体の簡単な触診の後、
わたしの暮らしや性格や眠りの質や食の好みや食の取り方なんかや生活習慣まで全てのさらっといい当てたのでした。
抱え込んで隠して来たこころの中身もさらさらとさらけ出されたようで、ぽろぽろ涙が出てきました。

ほんとびっくり!!

その後受けた2週間のパンチャカルマでさらにびっくり!!

朝からギーと呼ばれる精製したバターを飲んで全身のオイルマッサージすること1週間。

その後パンチャカルマの5つの方法で解毒。
下剤を飲んでトイレにこもり、
ハーブ液を大量に飲んではかされて、
オイルを使った浣腸をされて、
あれやこれや、ほんと予備知識のなかったわたしにはびっくり!なことばかり。

だけど確実に身体はすっきり軽くなったのです。

そして、それよりなにより、
こころがうんと軽くなった。
*すごく不思議なねこちゃんがいる。インドのねこちゃんは細身です。


アーユルヴェーダの診断は、
患者さんのドーシャのバランスを、メインは脈診で診断します。
あとは目の色、爪の、舌診など。


トリ(3つの)・ドーシャとは

*ヴァータ
空と風に関係し、力の性質は「軽さと動き」
生理機能は運動を支配して、
情報、伝達、輸送、移動をつかさどり、
特に胃や腸のこころの素早い動きなどに影響を与えます。

*ピッタ
火と水に関係し、力の性質は「熱と鋭さ」
生理機能は代謝を支配して、消化力や情報変換の知性につかさどり、肝臓、脾臓などの消化機能、視力や皮膚に影響を与えます。

*カパ
水と地に関係し、力の性質は「重さと安定」
生理機能は構造を支配して、身体の細胞、組織、器官につかさどり、
筋肉や骨、鼻、肺に影響を与えます。

というのは身体に関わる性質で、
トリドーシャはそれぞれ別にこころにも作用します。

この3つのドーシャのバランスでアーユルヴェーダでは10の体質に分けられるそう。

そしてもって生まれたドーシャをプラクリティといい、受胎の瞬間からこの3つのバランスは決まっているそうです。
だけど、環境や仕事、食べ物、人との関わりの中でプラクリティが乱れてきて本来の自分とは違うバランスになることをビクリティ(乱れたドーシャ)と言います。

◯プラクリティ=本来の性質=自然のもの
◯ヴィクリティ=体質の乱れ=自然からの逸脱


わたしのプラクリティはピッタ優勢のピッタ・ヴァータ
これを知って、勉強して、
ものすごく生きるのが楽チンになった。

ピッタの性質は「熱と鋭さ」
バランスの取れているときは
情熱、冒険心、勇敢、リーダー
精神力、満足、知的、集中力
バランスを崩すと
怒り、敵意、皮肉、批判的、他人に厳しい、イライラ、せっかち、攻撃的、無遠慮

その頃もそれまでも、
もうほんとに長いこと自分の内から湧き出る怒りに抗ってきた。
なんでこんなに怒りっぽいんだろうとか、なんでこんなに批判的なんだろうとか、特に20代はピッタが優勢になりやすいので相乗効果で燃えていたのです。
いろんなことに。
自分の内の怒りに向き合い続けて、許せない自分を許せないと思い続けて、
そんな自分をまた人のせいにしてさらに憎しみが生まれて、
だけどヴィパッサナに出会ってから人のせいではなくて、すべて自分の内から生まれたことだと理解して、
さらに考えても仕方ないから気楽に生きようという風に落ち着いて、
嫌悪や執着を手放してきた頃に出会ったアーユルヴェーダで、
わたしの自分と向き合うという修行はいったん終わったのでした。

長い修行の結論は、

性質だから仕方ない!!笑


表裏一体、
ドーシャには表と裏の面があって、
それぞれにバランスを取り合ってる。
怒ってるときには怒ってる理由、その時の気分や今の環境、食べたもの、最近の習慣とか、
客観的に向き合ったらそうか、これがこれでほんでこんなに腹立つんや、
よしよし、でも大丈夫、それがあなたの性質やから自分がしんどくないように整えていこうって思えるようになったのです。
怒りの矛先に向かうのではなく、
怒る自分を責めるのでもなく、
自分に向き合って整えるのです。
さらりと。
そうすると、ずいぶんと生きることが楽しく楽になった。

人に対しても、
あーあの人ずいぶんとピッタが荒れてるなーとか、
ヴァータが乾きすぎやんオイルマッサージしたほうがいいんちゃうかなとか、
カパの幸せな部分がいっぱいの人やなーステキーとか。
そうやってみることが楽しくなった。
いい人にならんでいい、他の誰にもならんでいい。
本当の自分になったらそれでいいのだ。


今回の診断もプラクリティはピッタ優勢のピッタヴァータ
ビクリティはヴァータが乱れすぎとのこと。
そりゃそうだ◯あんだけ働いたし、ここんとこ気持ちもざわざわ動いてたもん。

後は今回の改善したい病状を相談。
いつもの腸の調子と、
ひわさをはじめてからずっと続いている左後頭部の偏頭痛。もうますますひどくなって、あかんとは思いつつも最近は半年に1箱くらいEVEを飲みきるほどだったのよ。
あともちろんアンチエイジングと♪♪

診断結果から毎日飲む薬が決められて、
それぞれのビクリティをプラクリティに近づけバランスを取っていくために、
治療法や食事も人によって変わってくるそうです。
わたしは明日からスネハナという例の毎朝ギーを飲む治療がはじまります…。
寝起きの空腹時に油飲むとか…。
そしてスネハナの間は外出も運動も禁止。ひたすら自分と過ごすことになります。


アーユルヴェーダの診断で、
まずは本当の自分を知って、
こころとからだといろんなバランスを整えながらいきいきしあわせにしかし自分らしくらくーに生きていけたらそれだけでしあわせ♡丸儲け◯


本日のマッサージはシンクロームマッサージという昨日のオイルマッサージのふたりががりバージョン!
たっぷりのオイルと4本の手で左右からマッサージしてくれます。
なんてことだ。

そして午後のマッサージはナスヤ
ナスヤについてはまた今度。


朝ごはんは発酵させた米粉のパンケーキとこのピンクのんむっちゃ美味しかった!んやけどコックさんが英語苦手そうで何が入ってるのかきけんかった。
ココナッツとニンニクとピンクはニンジンとか?生姜も入ってたなんやかんやすりおろしたようなもん。

ランチ◯ビーツはココナッツと少しマサラ味とカレーリーフも。
スープは野菜たっぷりのスパイス控えめの優しいカレー。
なんとライスにザクロの実!玉ねぎのみじん切りとマスタードシード、ココナッツミルク和え。
野菜のサラダかと思いきやフルーツいっぱい。
ピーマンと人参きゅうりにパパイヤパイナップルマスカット!これなら家で出来そうだ♪

夕飯の前のお薬。
これがほんまに具合が悪くなりそうなほど苦い味…。
スープは熱々で野菜の旨味の優しい味。 
豆のカレーと野菜炒め。
右のは何かわからんかった…笑
グルテンミート的な?
でも今日も美味しくいただきました。

明日からはスネハナ食なので味のうすーいシンプルなものになるらしい。
けどそれもまた楽しみだ♪


 

昨晩夜中にコーチンinからの翌朝の国内線で、
無事にトリバンドラムのアーユルヴェーダ施設に着きました◯




ほんとは病棟の上のシングルルームの予定だったのだけれど、
なんと!
泊まるはずの部屋が前の方が延長してるらしく日曜日までコテージ泊♪

神様からのご褒美だと思うことにしよう♡

到着して少し休んでから食堂でランチ。
ベジタブルビリヤーニとカリフラワー炒めたの。キャベツとパイナップルのサラダが美味しかった♪


ランチの後は本読んだりハンモックゆらゆらのんびりしてたら14時に生姜の効いたハーブティーとおやつを持って来てくれるというしあわせ。
けどビスケットのおかげでお腹膨らんで大変だったので明日からはいらないな。

そして素敵なサリーを着た女医さんが血圧を測りに来てくれて本日のスケジュール発表ー♪じゃじゃーん♪


長時間の移動でだいたいの人はヴァータが優勢になるので、
まずはバランスを整えるために医師の問診の前にオイルマッサージ。
ヘッドからフェイスから全身 足までくまなくハーブの香りのオイルまみれのリンパマッサージ!
力加減も強くなく弱すぎず絶妙!
まさにそうそう!そこなの!というところまでくまなく その上、
ええ!その上さらにそ後までしてくれるのかい!って驚きのクオリティのマッサージ。
もうこれで帰ってもいいって思うくらいしあわせ◯


けど帰らないのでその後ドクターの問診。
問診は男性医師と奥さん(と思われる)ともう1人の女医さんと3人で。
苦い薬を飲まされた…。待っていたのはしあわせだけではなかったよ。
問診の内容は長くなるのでまた明日◯



そして夕食。
緑のんが酸っぱくてびっくり!生姜とヨーグルトと緑野菜。
クレープみたいなのは米粉の生地にカレー味の炒め物が入ったマサラドーサ。スパイス弱めけど生姜がきいてて美味しかった♪
やっぱなんにでもカレーリーフが入ってるな◯
我が家のカレーリーフは大きくなるかなあ。

明日は朝の8時15分からマッサージ◯
昨日は遅い到着で久しぶりのインドで久しぶりのトゥクトゥクでやけんなのか、
頭がざわざわ全く眠れんかったので今日はゆっくりしっかり寝よやー◯
明日も楽しみだー♪



*国内線IndiGoの機内雑誌の表紙が斬新…笑


3年半勤めた、
大好きな職場を退職することにしました。
車を走らせるだけの仕事なんだけど、
大好きな四国の道を四季を通して走るのとのできる、本当に楽しい仕事でした。

4回目の春は、
とてもとても忙しくて、
文字通り泣きながら夜中まで働いた日も、
それでも4年目にもなるといろいろな道にも馴染んであの場所の桜は今年もきれいだなーとか、あの場所の花水木は今年もたくさん花をつけてるなーとかわくわくすることもたくさんでした。
これから美しくなる紫陽花を見れないのが悲しい。


今までしたことのないような仕事場に身を置くことは、
それまで知らなかった暮らしや生き方に触れることができ、
仕事仕事にいろんな背景やいろんな人たちが動いていることがわかることができて、日々の暮らしに感謝も深まる。
今回もまたたくさんの出会いに恵まれて、
たくさんの経験もさせてもらえて、
本当に楽しく勤めることができました。
よくしてくれた同僚や先輩たちには本当に感謝している。


辞める気なんてなかったし、
辞める気なんてしなかった。
だけど、社会というのはやっぱり厳しいもので、
ヴィパッサナに行ったり、
旅に出たり、
シミの付きにくくなったはずのわたしのこころに、なかなか消えないシミがぽつりぽつり。
嫌悪や執着をこころに溜めながら働くのは嫌だし、その中で染まってしまうのはもっと嫌。
悪意や敵意に抗ってみたり、やり過ごしたり、そういうことにほとほと疲れたので逃げることにしました。
自分以外は変えられない。
だから逃げるが勝ちなのだ。

そこにあったはずのわたしの居場所に、
戻ることが出来なくなるというのはとても寂しいことだけど、振り返らないようにしているので、新しい暮らしに進もうと思っています。


そして、
インドへ向かっています◯
今クアラルンプールの空港。
今回は南インドのケララ州、海沿いの街のちいさなアーユルヴェーダ施設に3週間滞在します。
念願のパンチャカルマを受けてきます!

パンチャカルマとは
パンチャ(pancha-) 5つの
カルマ(karma) 行為
という意味で、
身体に溜まった毒素を様々な方法で緩めて5つの方法で浄化させる身体浄化法のことです。
身体とこころは繋がっています。
パンチャカルマはこころの浄化にもなる。

39年間の汚濁がどんな風に溜まっていて、そしてどうやって浄化されるのかとっても楽しみ!
はじまりの雨の新月。
ぴっかぴかの40歳を楽しみに、
新しい生活に進もうと思うよ。
ではいってきまーす◯

満月ですね。
仕事中やけど、
雲がたくさん浮かぶ合間から、
光り輝く満月が見れました。

この満月は重要な満月らしくて、
いろいろ解決するよと言われてたので、
なんだか待ち焦がれていて、
だけど、
光り輝く満月に答えを求めてみても、
さらにざわざわするいっぽう…
あれあれそうだよな、
そうそう解決するものではなかった、
満月はざわざわするもんだよな、
ということがわかった。笑

2月からずっと、本当にもう限界ですよというような仕事量と時間。
それに合わせてここ3年患っていた思いもこじらせる出来事が続き、
ため息と一緒に涙が出ちゃう…ような、ほんとに気持ちも身体も疲れたんだよ。という日々が続いていた満月前でした。

そんな日々に自分で結論を出して、
変化を受け入れることにした満月。
受け入れようじゃないか決めたんやもん。

そして、
インドに行きますよ。
奇しくも出発日が次の新月。
3週間のパンチャカルマですっきりデトックスの予定です。
そして大きないっぽになりそうな次の新月。
あと2週間、わたしのできるだけのことをしよう。
できるだけの素直で向き合おう。
あと2週間。

満月前の昨日の言葉◯
なんと!!
うん。
卒業式をしよう。

まわりの人からでも、
状況からや環境からでも、
周りのすべてのことからでもなく、

わたしの今持ってるこころから。

手放せないのは自分の問題。
手放して旅に出よう。

たいした日記ではないが、
わたしにしかわからない大きな大きな変化の日記なので、記しておこうと思った久しぶりのブログ。







ちくちくあかり
たくさんの方にいらしていただいて、
本当にありがとうございます。

お友達のプレゼントにろうそくを買ってくださって、
そしてプレゼントされた方が別のお友達にプレゼントに買いに来てくださったり、
Facebookの写真を見ていらしてくださって、お友達のプレゼントのために再度御来展いただいたかたや、
誰かのためのあかりに花水月のろうそくを選んでいただけることがすごく嬉しいなあとつくづく思った展示会。
2年ぶりに作り始めたろうそくからたくさんのあたたかい気持ちをいただきました。

ちくちくとあかり
明日で最終日となります。
長かった準備期間、
あっという間の開催期間。
ゆったりのんびり、
明日も皆様のお越しをおまちしております。






ろうそく なんだかもったいなくてなかなか火をつけれないんよー。

という声をたびたびいただきます。
それはすごくありがたくて嬉しいお声◯
なのですが、
でも、ぜひぜひ使ってほしい。
ろうそくはあかりを灯すと表情が変わって、あたたかくやさしくなります。
誰かの時折のほっとあたたかいひとときのおともになりたいなーと思っています。
だからどんどん使ってほしいな。
というのが本当の気持ち。

そうかそうか!
それなら使い終わったろうそくを楽しんでもらえる方法を考えたらいいんだな◯

というわけで、今回の新作ろうそくの使い終わった後のお楽しみかたと、
うまく使えるコツのお話し。


まずですね。
灯しながらうまくまあるい穴を作っていきます。
灯しながら時々くるくる回してみてくださいね。
火の高いところでろうは溶けていくのでここを溶かしたいなーというところを溶かしてくるくるまあるい穴にします。

しかし!
この間に火がちいさくなってしまったら時々たまったろうを少し捨ててみてくださいね。
溶けたろうがたまりすぎると芯が無くなってしまうことがあります。
逆に火が大きくなりすぎると、芯の先をすこーし切ってみてください。
芯の長さで炎の大きさが変わります◯


だけど!
とくに長い時間火を灯していると途中で穴が開いちゃうことがあります!
そこからろうが流れてしまったり。
あれあれーー。
だけど大丈夫◯
マスキングテープなどでばんそこします。
溶けたろうであいた穴をふさぐのです。
穴のところに溶けたロウをためてしばらく置いておく。

緑の丸の上がふさがった穴です。
きれいにとじたよー♪

もうそろそろ穴が開くかなーというところで火を止めて芯をきります。
そしてロウがあたたかいうちにスプーンか何かでまあるく穴を整えます。
最後にライターとかで穴の表面をあぶるとなめらかな穴になりますよ。

角をとりたかったらカッターとかで削ってもいいよ。
そしてまたライターで表面をなめらかにしたりすると仕上がりがすてきに。


じゃじゃーーん◯
出来上がりはこちら♪
ちいさなろうそくがちいさな花瓶に早変わり◯

ほかにも楽しみ方いろいろ◯
展示会で展示しますね♪

こうやって使い始めたら、
灯し終わって使うのがまた楽しみになってきた◯

コツやあれこれ、
展示会でなんでも聞いてくださいね◯
ああ楽しみ♪
あと少し楽しんで作って、
楽しんで灯すよ◯


ちくちく と あかり
とよとみ珈琲さんにて
22日からはじまりますよ◯



展示会までブログを更新しようと思いますっていいながら…
あれれ気がつくと展示会まであと10日。

花水月のろうそくすこしずつやけれど
新作も出来てきてます◯

今日は新作を2種類紹介。

ひとつはこちら
cubicです。
しかくいろうそくに
まあるい穴がかわいい。

作っていても楽しくて
どんどんしかくが積み重ねられてます。
ブロックじゃないよ。


もうひとつの新作は
たからものろうそく。
ころんとまあるく
宝石をとじこめたようなろうそくです。

いろんないろと形があるので
お気に入りを探しに来てくださいね。

火をつけてもやわらかくてかわいい。

展示会まであと少しの休日。
つくる時間もあと少し。
がんばろー。

↑このページのトップヘ