花水月*soap&candles


石けんとろうそく屋の
とるにたらない日々こと。

4月の終わりに仕事を辞めてから長い長い夏休みでした。


インドから帰って、
ろうそくのことをして、

子どもたちとあっちやこっちにキャンプに行ったり、

それから、西条の山に住む若い友人のお産のお手伝いにしばらくお山に滞在していたり、

お産のことはまたゆっくり書きたいな…


阿波踊りを目一杯楽しんだ後は、


北海道の姉の家で甥っ子達とのんびり過ごしたり、


プチひとり旅に出たり、





まあとにかくほんとに、
行けるだけいけるとこに行き、
遊べるだけ遊んで、
ほんとにのんびり楽しく過ごさせていただきました。
楽しかったなー。

この夏休みに出会えた人、
経験、感じたこと、
いろんな気持ちがありがたい。
本当に本当にしあわけな時間でしたありがとう◯



そして、
長い長い夏休みののち、
ようやく、
よし!働くぞ!
と、思ったものの、
もう、どうしたもんか、
迷い、悩み、歪み、揺れ、ブレ……
出来ること、出来ないこと、
やりたいこと、やりたくないこと。
ぐるぐるぐるぐる、思いがめぐり、
何件か面接にも行ってみたり…

ありがとう。
だけど、結局予定通り。
やっぱりやりたいことをやってみたい。
もう、またいちからのスタートだけど頑張ろうと思います。




そして、
久しぶりに石けんのことをはじめています。
しばらく作れなかったんだけど、
花水月の石けんが好きなんだと、待ってくれている人がいる。
そしてわたしもやっぱりわたしの石けんが好き。


毎月2〜3種類の石けんしか作れませんが、ゆっくり続けていこうと思っています。

今月の石けんは
花水月おなじみの麻炭と
トリファラというインドのハーブ
後インドで買ったサンダルウッドの粉を使った石けんもあります。

たくさんは作っていないのでお譲りできる数に限りがあります。
毎月2種類の石けんをお届けする定期便もはじめました。

ご希望の方はご連絡くださいね。
hanamidukisoap@gmail.com










ボンボニエールさんでのワークショップ◯
いらしていただいた皆様ありがとうございました。

ボンボニエールさんのワークショップでは飛び入り参加大歓迎、好きなキャンドル作ってね。
いつでも好きな時間に来て過ごしていただく自由なスタイルでさせていただきました◯

たくさん用意したモザイクパネルから好きな色や模様を選んでいただきました。
たくさんあるからな、
うんうん 迷うよねー。
たくさん迷って好きな組合せをのんびりみつけていただきました。

色と模様と長さとを組み合わせる。
迷うよねー◯

もうすぐ3歳のカラフル♡

模様もいろいろ◯

意外と色がたくさんだとかわいい♡

選んだ色々の組合せを、
こちらで完成させていただく簡単なワークショップ◯

ありがたいことに、たくさんの方に参加していただいてすごく楽しい時間となりました。

ご参加いただいた皆様にありがとうございました◯

そしてボンボニエールさん♪
クレープランチ美味しかったー♪
ハムとかチーズとかのおかずクレープもありますよ◯

ワークショップの様子をすごく詳しくステキにブログにしてくれています♪
えみちゃんジョニーほんとうにほんとにありがとう♡


ちいさなこどもさんも参加してくれた今回のワークショップ◯
色を選ぶだけなんやけど、
だからこそ2歳には2歳のカラフル◯
思いがけない色合いにこちらもわくわくきゅんきゅんでした♡

お兄ちゃん達も♡

ひたすら組み立て続けた1日でしたが、
ほんとに楽しかったです。
ご参加いただいた皆様ほんとにありがとうございました◯

またどこかでやりたいなー♪
と思っているところにステキなイベントをみかけて参加させていただくことになりました◯


7月2日 日曜日
脇町のステキな結婚式場でのイベントです。
誰でもご参加いただけますのでお時間のある方はぜひ◯
おって詳細ご連絡いたします。

はじめてのワークショップ◯
とっても楽しく過ごせました。
ほんとにほんとにありがとうございます◯

またお会いできるのを楽しみにしています♪










新作のこのキャンドル。
新作ですが、
このキャンドルをみんなで作る会を開こうと思います。

と、いってもこのキャンドルなかなか手が込んでいて、
最初から作ると、
溶かして色をつけたろうそくを平たくして型を抜くところからはじめます。
こういうのをたくさん作ります。

そしてこういうことをしながらまた平たいパネルを作ります。

そしてモザイクパネルをどんどん作ります。


今回のキャンドル作りは
このたくさん作ったモザイクパネルから好きなパネルを選んでもらい、
好きなように組み合わせて仕上げていただく簡単なキャンドル作りです。

色も模様も組み合わせ自由◯

わたしの好きな色のキャンドルが、

みんなの好きな色ではない。

ものつくりをしていると毎回新しい発見があります。

だけどわたしの作るろうそくはわたしの好きな色で作ってもいい。

だからワークショップでは、みなさまの好きな色の好きな組み合わせで自分だけのキャンドルを作っていただけたらいいなと思います。

自分用にも、贈り物にも、

自分で選んで作ったキャンドルは特別にかわいいキャンドルになりますよ◯



今週の作る会は
川内の花水月の自宅で行います◯

6月15日木曜日


午前の部 10時半から12時くらい

午後の部 13時半から15時くらい


各部とも予約制となります。

お子様連れ可能です。年齢と人数を事前にお知らせくださいね。


費用  3,000円

上の写真の正方形と長方形のキャンドルをひとつずつ作ってお持ち帰りいただきます。


場所はご予約いただいたら詳しい場所をご連絡しますね。


ご予約、お問い合わせは

花水月 向井まで

090-8692-5330

hanamidukisoap@gmail.com


もしくはfacebookイベントページ





そして来週の作る会は
上板のクレープ屋さんボンボニエールさんで開催です。


6月21日水曜日

6月21日は夏至。

夏至の日は一年の中で最も昼の時間が長くなります。

そんな夏至の日だけ、電気を消してろうそくだけでのんびり過ごしてみませんか?

そしてそのろうそくを自分で作ってみませんか?


ボンボニエールさんでのワークショップではろうそくの販売も行います◯

販売だけも可能なのでご興味のある方はぜひお立ち寄りくださいね。



午前の部 11時から12時半くらい

午後の部 13時半から17時くらいまで

*午後の部はお好きなお時間でご予約ください。制作にかかる時間は1時間半くらいです。


各部とも予約制となります。

お子様連れ可能です。年齢と人数を事前にお知らせくださいね。


費用  2500円 *別途ワークショップ後ボンボニエールさんでワンオーダーをお願いします。お持ち帰りも可能です。

正方形と長方形のキャンドルをひとつずつ作ってお持ち帰りいただきます。

イメージはイベントページのディスカッション欄に写真を載せています◯


場所は

ボンボニエール

088-694-2228

徳島県板野郡上板町七條中井手29-1 

https://tabelog.com/tokushima/A3603/A360301/36004295/



こちらもご予約、お問い合わせは

花水月 向井 まで。

090-8692-5330

hanamidukisoap@gmail.com

もしくはこちらfacebookイベントページへ◯


実はキャンドルを作りはじめてちゃんとしたワークショップをするのははじめて!
どきどきですが、わくわくでもあり、
楽しい時間になったらいいなと思っています◯

こちらも気楽にお待ちしておりますので、お気軽にいらしていただけたらと思います。
素敵なキャンドルが出来ますように。


花水月soap&candles

仕事を辞めてインドに行って、
それから、
それから、
今まで、働いているとなかなか出来なかったこと、やりたかったことに向かっています。

いちばんは季節のあれこれを使った手のかかる料理。
例えば山椒の実を枝から丁寧にはなし灰汁抜きしてちりめん山椒にすること。

そんな誰でもできる当たり前のことが、なかなか出来なかったなーと思う。
毎年毎年やりたいなーと思いながら、休みは寝て終わったり、
なかなか会いにいけなかった友達に会いに行ったりで、
丁寧に季節仕事とか、
いちばんやりたかった紫陽花の押し花を作るとか、
あっという間に旬が過ぎてしまっていた。

朝7時に出勤して、
あっちこっち走り続けて帰るのは21時。
そんなこと全然大丈夫だと思っていたし、
とにかく大好きな仕事だったんだなーと思う。
それはそれは恋に似ている。
大好きな仕事と、
気心知れた職場の人と、
乗りたい車と、
あっちこっち行きたいという欲望。
それを満たすために、
やりたいことを犠牲にしても、
辞めたいと思う瞬間はなかったんだな。
会いたい人に毎日会いたいんだ。
そうやって続いてきた暮らしを本当に愛おしく思っている。


ひとつの恋を手放して、
自分の暮らしにようやく向き合えるようになったら、
山椒のとか、
ふきとか、
破竹とか、
ものすごく地味だけど、
やりたかった季節の仕事に向き合えるようになった。
そうして今度は暮らしに恋をして行くんだと思う。
大好きな友達に会える時間と。



友達が何かの投稿に上機嫌と中機嫌と不機嫌のことを書いていた、
走り読みやけど中機嫌は人によって自分の機嫌が変わる人、
上機嫌は自分で自分を楽しくできる人みたいな内容だった。
わたし、全く常々上機嫌な人やな。笑

自分の機嫌は自分でとれる。
だいたいはほんとうにいつも楽しくやっている。

人に怒ったり、
まったくもうー!ってオラオラ思ったり、
なんじゃほりゃーと思ったり、
もしくは、え、なんでそんなん悲しいすぎるやん。。って人のことにしーーんとなることもある。

もちろん、
相手との関係で、
すごく悲しくなることもある。
こうしたらもっとよかったかなとも、思いやりが足りんかったかなとも、
嫌われたくないけん頑張ったけど、
伝えれんかったな。伝わらんかったな。とか。

でも。
相手のこころは相手のこころで、
わたしのこころはわたしのこころなのだ。
思い悩んでも仕方ないんだよな。


とにかく、だから、
日々の幸せに向かおう。
そういうのに、
季節の仕事はほんとうに楽しいことだな。
そして友達との時間は。

と、ここ数日友人宅にわたりあるき、
そういう幸せに浸れた時間でした。
ありがとう。
そして愛おしい人たちがどんどん増えて行くことがまた幸せだよ。
そんな6月8日。






週末の出店です♪ 


明日、土曜日はこちら
暮らしの祝祭vol2

出店内容、ワークショップの詳細は
場所は川内。
川内中学校の手前、キングスロードの隣です。
懐かしい場所だなー♪

出店もいろいろ。
楽しい1日になりそうです♪


花水月もろうそくを少し。
そして数日しか時間がなかったのに思いついて作った新作ろうそくもあります。
夏だからカラフルなのがいいね◯

そして、先日お知らせしたインドから持って帰って来た雑貨も少し。
古い真鍮の入れ物。
味がある古さですが中はまだきれいなのであれこれ入れれそうですね。

アンティークの琺瑯。
琺瑯のものたくさん持って帰りたかったのですがかさばるのでほんの少しです。
お気に入りがあればぜひ手にとってみてくださいね。

インドといえば♪のステンレス製品も少しあります。

全て一点ものになります◯
気になる方はお早めにどうぞ♪



そして、
日曜日は種まき祭り◯
鳴門の東林院さんです。


東林院さんはにこにこ市をはじめた場所。
わたしたちの大切なルーツの場所です。
ここの大きな木の下で久しぶりの出店が楽しみ◯

ろうそくと、
インドの雑貨と、
そしてこちらではワークショップをしようと思っています。
ちいさなろうそくを作る会です。
紙コップ程度のちいさなろうそくを、好きな色で作れます◯
色はいろいろご用意しています。
ワンコインワークショップ。
お子さまでも作れますので気になる方はぜひぜひ◯

ではでは、
お天気も良さそうな週末。
みなさまにお会いできるのを楽しみにしています♪










大好きな高山なおみさんの読書記に紹介されていた、
吉田篤弘さんの『それからはスープのことだけを考えて暮らした』
この本がこのインド旅のおともでした。
することのないパンチャカルマ中に何回も読んだ。
そして食の限られたパンチャカルマ中ににスープの香りを思い出して何度となくお腹がなった。

スープは食事のおとものようであって、
でもそれだけで主役になれる。
食事の最初に食べるスープがあったかくてときめくような美味しさだと、
その後のどんなごはんも美味しく感じるし、
食欲の少ない時はそれだけでメインディッシュにもなる。
ひわさの家でもメインがけんちん汁豚汁ミネストローネとスープの日も多かったなー。けど子どもたちは喜んでお代わりしてくれた。大鍋にたっぷりの滋味深いスープ◯

わたしは食欲にムラがすごくあって、
食べれない日も時々ある。
だけどそれこそ冷蔵庫にあった野菜と、ちょっといい塩、レンズ豆か押し麦、または蝶々のペンネをちょっと入れて休みの日の朝ごはんスープを作ると食欲が戻ったりする。
だからスープ作りは欠かせない。

パンチャカルマの施設でも
毎夕温かいスープが出されて、
化学調味料のもちろんない、
野菜だけの薄味の優しい風味のスープなんだけどこれがほんとうになんとも美味しくて、
食事は減らしてもらいながらだけどスープをお代わりする日が幾度かあった。

なにが、いったい、この中に溶け込まれているんだろう。
たくさんの野菜と、時にトマトそしてミルク、そしてクリアなスープを、ベースは違えどスパイスや野菜の種類、香草の種類で毎日味が変わって日々飽きずにいただけるスープ。
スープが、ギーで具合の悪い日も気持ちも身体も温めてくれた。
スープは暮らしを豊かにする。
そしてわたしもスープのことを考えて暮らした3週間だった。

味噌汁、ミネストローネ、クラムチャウダー、世界中にいろんな風味のいろんなスープがある。
世界各地どんなテーブルでもスープは日々を温めてくれる。

出汁と塩加減とスパイスと具材と、
火加減とタイミングと、
考え出したらなんて奥の深い!
そう考えたらわくわくしてスープ!スープ!わたしのスープを作りたい!
うん。スープの達人になろう!
となぜかインドのはしっこで心に決めたり。笑


あったかくなるスープを作りたい。
スープのようになりたい。
と、帰りの飛行機のなかでまた考える、
スープにはじまり、
スープに終わる旅でした。。インドなのになんで?笑



スープのように、
じわじわと、
過程を楽しみ、
全てを溶け込み、
味わいぶかく、
コクがあるけど、あっさりと、
ときにスパイスもきかせて、
ときに感動を覚えるような、
だけど、忘れてくれていい。
だけどまた、ふと思い出されるような、
そんなふうに生きていきたい。




名なしのスープのつくり方

◯期待をしないこと。
◯どんなスープが出来上がるかは鍋しか知らない。
◯鍋は偉い。尊敬の念を込めて磨く。が、期待はほどほどに。
◯磨いた鍋は空のまましばらく置く。すぐにつくり始めない。我慢をする。
◯空の鍋に何か転がり込んでこないものかと、ほどほどの期待をする。
◯しかしすべては鍋に任せる。すべて、鍋が作ってくれる。
◯冷蔵庫を覗き、たまたまそのときあったものを鍋に放り込む。
◯何でもいいが、好物のじゃがいもは入れておきたい。
◯もちろん、じゃがいもでなくてもいい。これは外せないというものを何かひとつ。
◯鍋に水を入れ、火をつけると、そのうち湯気がたつ。湯気もまた尊い。
◯換気を忘れないこと。窓をあけて、ついでに外の様子を見る。
◯晴れていようが、曇っていようが、雨だろうが、スープはどんな空にも合う。
◯それも偉い。
◯やがて、じゃがいもがくずれてとける。
◯じゃがいも以外の諸君も、そのうちにとけ始める。
◯とけて、我彼の区別がつかなくなったら、それで完成。
◯本当は完成などないが、まぁ、いいや。
◯熱いうちに食す。
◯そして、冷めないうちに近所の誰それに。
◯あるいは、思い出される人たちに。面倒なら思い出すだけでいい。
◯これをスープの冷めない距離という。
◯この距離を保つのが、なかなか難しい。
◯その訓練のためにスープをつくるーというのはタテマエ。
◯ここに書いたことをすべて忘れ、ただひとこと念じればいい。
◯とにかく、おいしい!

                          ーそれからはスープのことばかり考えて暮らした  吉田篤弘ー


アレッピービーチの夕陽を待つ人。


こちらは泊まっていた宿の近くの小さな浜。
ここでも漁◯
近くの人はみんな手を貸します。

こんな小さな船と簡単なオールで大海原に漕ぎ出すインド人!
そして大漁!
おっちゃん達の体力すごい!

人懐っこいインド人少年。
漁を見てたら魚を1匹くれました。笑
少年にもらった魚と近所で買ったおやつ◯

そしてアレッピーのバックウォーターでカヌーツアー◯
たくさんのハウスボートか行き交います。

この旅のために作ってもらった達磨工房しんちゃんの草履。
ベトナムのサパで買ったモン族の布を次の旅のおともに。
快適な足元をありがとう。

水辺には水辺の暮らしがある。
釣りをする人洗濯する人泳ぐ人。
いろんな国の水辺の暮らしをみるのが大好き。
水からは離れて生きられないなといつも思う。

バナナの葉っぱをお皿にして食べるケララミールス。
エンドレスでおかわりを注いでくれるので食べ過ぎ注意…隙を見せたら注がれます。。笑

そしてフォートコーチン。
おしゃれなカフェやレストランもあったり、雑貨屋さんもたくさん。
インドと思えないようなおしゃれでカラフルな街◯
いぬもやぎもねこもお昼寝。
忙しいを乗り越えたのち、ここにこれて本当によかった。
働いてるだけじゃだめなんだよな。
だけど楽しかったんだ。
旅の間中、
こころがゆるんでいろんないろんないろんな夢を見た。
夢から醒めたくなくて起きたくなかった日もあった。
だけどそれならば夢のような日々を送ればいいんだ。
日々わくわくどきどき楽しく生きていくことが出来るんだ。

 
対岸のエルナクラムではいかにもインドな光景が♪
マーケットも楽しめます♪

南インドの伝統芸能カタカリ。
演者さんのメイクシーンからはじまります。
演技ももちろん、太鼓隊の真剣な眼差しが素敵すぎた!

料理教室も楽しんで来ました♪
南インドの料理は暑い国らしくスパイスが効いていてしかもあっさりしているのでスルスル食べれます♪
この方法なら日本の小さな魚でも美味しいカレーになりそう◯
今年の夏の趣味(予定)は釣りなのでアジを釣ってカレーにしよう♪


というわけで楽しかった南インドの旅も明日でお終い。
いろんな文化が入り混じり、
太陽のおかげかおおらかで優しく笑顔のインド人。
北インドでインドーー!と思っていたけど、全然ちがう!!
南は誰でも気持ちよく楽しく旅ができそうな国。
まだ帰ってないけどすでにまた来たいです。
あとは石けんに使うアーユルヴェーダのハーブやこちらのアロマオイル、頼まれた紅茶などを買って終了。
あと一晩、今日は最後のキングフィッシャービールでも飲もう♪



そして帰ったらふたつ、
花水月で出店があります。
6月3日土曜日はこちら。
川内のリアラスさんです。


翌日6月4日は鳴門東林院さん

久しぶりの出店イベントです。
どちらも楽しみ♪
花水月のろうそくはもちろん!

今回はこの旅で出会ったインドの雑貨も持って行きます。

数が少ない上に持って帰る送料などもあり少しお高め。。
ですがどれも貴重な一点もののアンティーク!
どれも素敵なので是非見にいらしてくださいね。

また近くなったらおってお知らせいたします◯


帰ってみんなに会えるのが楽しみ♪
しばらく長い夏休みが続くのです♪

あ、というわけで、仕事を辞めたので、
出店とか、
苦手なワークショップもしますとも!
石けんも作ります!
8月いっぱいくらい、
何処へでも出張しますのでお声がけいただけたらありがたいです◯
よろしくお願いします♪


21日間の南インドでパンチャカルマが無事終了◯
途中数日休んだりしながらも、
毎日充実した内容で楽しみながら3週間過ごすことが出来ました。
魔法のようにシミやシワが消えるような!そんなみてわかる変化は全くないものの(当たり前だー)
日々のマッサージのおかげで気になってたぽよぽよが少なくなったり、自分では落とせない背中もスッキリしたのがわかるー。
激務を終えて明らかに疲れ顔になっていたのもスッキリ◯
体重も最終的に3kg減。
不安定だった食欲もしっかり減ってしっかり出せるようになった!
日々身体にあれこれ変化があったり、
気持ちも毎日浮き沈み…
イライラプンスカする日もあったり。
楽しかった!
だけじゃなくしんどかったことも多かったけど…
でもほんとに素敵なスタッフさんたちのおかげで気持ちよく過ごせることが出来ました。こころから感謝♡

最後のマッサージはフェイスパックとシロダーラ。
右のスウェーディーちゃんがフェイスパックを担当してくれました。

数日前からいつ帰るの?明日で最後ね、今日が最後ね、今度はいつくるの?と毎日気にかけてくれてた彼女、
これでほんとに最後のマッサージねと言いながらすごく丁寧に時間をかけてフェイスマッサージをしてくれました。
これがまたびっくりなフェイスパック!
パックと聞いてたからパックと思ってたら、なにやらいい香りのクリームをつけてちょっと短めのフェイスマッサージ。
そして丁寧に落としてくれた後、今度はなにやら細かいスクラブみたいなのをつけてマッサージ。
そしてそれも落として今度また別の香りのクリームをつけてマッサージ◯
という工程が6回繰り返されました!全て違う香りの、どれもなんともいい香りのクリームや粉♪
だけどまあまあ不安になる。。
わたしまあまあ肌弱いけど大丈夫…?
と思ってたら7回目の工程でパックを塗ってくれてそのままシロダーラ。

最後のパックを落とした後、
かわいい彼女が一生懸命手を擦り合わせて温めて、その手でわたしの顔を温めてくれて、肌がどうとかより彼女のあったかい気持ちが手から伝わってぐっときてこころもあったかくなった。
思いがあるからこそ身体が良くなっていくんだなというのがすごく伝わるスタッフさんばっかりでほんとに幸せでした。
国を越えて有難い幸せ。
マッサージ後の肌も心配すること全くなくつるつるしっとりなりました◯
お庭にあるトリートメントルーム。
室内のトリートメントルームが暗くて窓がなくて苦手で、リクエストしてほぼこちらのトリートメントルームを使わせてもらいました。
鳥の声とか風の音が気持ちよかったー。


最年少スタッフアージェリー。
この笑顔♡
毎回バスティでナーバスになるわたしをこの素敵な笑顔で明るく励ましてくれる。
ほんとにかわいい人。

他にも魔法のような指使いのマッサージをしてくれるおばちゃんやとにかく明るい陽気なおばちゃん。
年配のセラピストさんたちは本当にお母さんのようでした。
ずっと家でこどもたちのマッサージをして来たんだろうなと感じる暖かいマッサージ。
本当に全てのセラピストさんがそれぞれ素敵で素晴らしかった!


そしてキッチンスタッフ♪
ほんと素敵♪
いつも心配そうな顔のおっちゃん。
ほんとあれこれ気づかってくれていつも丁寧で優しい優しいおっちゃん♪

そしていつも陽気なおっちゃん♪
わたしがあれこれ聞くとレシピを丁寧に教えてくれるおっちゃん。
この後コーチンで料理教室に行くんだと言ったら、今まで食べた料理の名前を書き出してくれた。習って来たらいいよ。って♪
ふたりとも大好きでした♡
美味しい料理をいつもありがとう♡
そして3階のキッチンからの椰子の眺めも大好きでした。

そしていつも部屋をきれいに掃除してくれたおばちゃんたち♡
いつすれ違ってもにこにこハローハーワーユー?って声かけてくれる♪

そしてドクター
若くて美人♡
毎朝夕血圧を測りに来てくれて身体の調子を聞きに来てくれる。
ギーでしんどかった日は気分が良くなるスパイスを持って来てくれたり。
つっこみどころ満載の男のドクターもいたがほとんど会話を交わしていない。
きっとシャイなんだと思う。笑

とにもかくにもスタッフさんがほんとに素敵ないい施設でした。
ここに来てよかった◯
ローカルの病院とアーユルヴェーダリゾートの中間くらい。
トリートメント重視である程度のホスピタリティを求めるけれどリゾートほどお金をかけたくない人にはちょうどいい施設だと思います。
4月からモンスーン気候なのでお部屋代が割引になるし明瞭会計で最後まで気持ちよく過ごせました。

ありがとうミトラ!


このブログを汽車の中で書きながら、
ワクワクドキドキニコニコが止まらない♪
次の街に出発です♪
海辺のちいさな町へ行ってきます♪

↑このページのトップヘ